四ツ谷なかよし鍼灸院 | Large Image
599
page-template,page-template-blog-large-image,page-template-blog-large-image-php,page,page-id-599,page-child,parent-pageid-1815,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive
 

Large Image

[vc_row][vc_column width='1/2] [vc_column] [vc_column width='1/2']   今週は急に涼しくなりましたね。 そのせいでしょうか「ぎっくり腰」の方が多くいらしています。 「ぎっくり背中」や「寝違い」もいらっしゃいます。 あの暑い夏を過ごして筋肉も栄養不足のところに 急に冷やされ悲鳴をあげています。 ゆっくりと湯船につかって筋肉をほぐしてあげてくださいね☆...

[vc_row][vc_column width='1/2] [vc_column] [vc_column width='1/2']   お待たせいたしました。 春から「デビットカード導入します」と言い続けて4か月、 やっと本日、端末機設置終了いたしました! なぜ4か月も待たされたのかは不明のままですが 無事に導入できて良かったです! これで回数券もスムーズにお買い求めできますので 皆様ぜひご利用くださいね。...

[vc_row][vc_column width='1/2] [vc_column] [vc_column width='1/2']   最近、乳幼児や子供の発達について聞き学ぶことが増えて関心を持っているので 今回は医療ではなく心理教育関係のセミナーに参加してきました。 レジリエンスとは、困難や失敗にめげることなく「立ち直る力」のこと。この力をつけるためにさまざまなシーンで感情のコントロールや意識を変える工夫をしていくことにより自然と高めていけるようになるとのことでした。とても大切だと思います。私はこの「立ち直る力」を「個性」や「年代」「体育系ではないから」などと思って外から働きかけられるものだとは思っていませんでした。 鍼灸施術をしていてもこの力が高い方はいい方向へ向かう傾向を感じていましたので、このメソッドはカラダにとってもとても大切だと思います。 今回は、小学生から育てるレジリエンスがテーマだったので、世界での最新実践報告、全国の先生方からの研究報告を聞きました。発達障害の子どもたちにも変化があったこと、とても興味深いです。 教育関係の方がほとんどだからでしょうか、皆さんの素晴らしい講演に自然と惹き付けられました。中でも印象に残ったのがこの授業(道徳)を受けた小学2年生の感想で「1日のうちで自分の感情がこんなにあったとは思わなかった」というところ…小学生のころなんて私ボーっとしていて「自分」にフォーカスするなんて感覚ありませんでした。小さいころから自分を意識して知ること、大事ですね。 また最後の理事さんのお話し、とても共感しました。幼少期に好きで夢中になった経験がとても大事、それにはヒマや退屈な時間がとても大切と。わかります。今の子は忙しい…親だって決して我が子に無理させたいわけではありません。でも忙しい。親にも子にも心の余裕がある生活がいいですね。。私も少しでもお手伝いできるようにまだまだ勉強していきます!  ...

[vc_row][vc_column width='1/2] [vc_column] [vc_column width='1/2']   四ッ谷なかよし鍼灸院の夏休みは【8月18日(土)~8月24日(金)】までとなります。 ご迷惑をおかけして申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。...

[vc_row][vc_column width='1/2] [vc_column] [vc_column width='1/2']   8月11日(土祝)の山の日はやってます! 「もう夏バテしそう…」「じっくり体調整えたい!」「猛暑を乗りきりたい…」という方は ぜひリラックスしにいらしてくださいね☆10:00~19:00です☆...

[vc_row][vc_column width='1/2] [vc_column] [vc_column width='1/2']   連日のこの暑さ!もう無理をすると命の危険さえかんじますね。。 患者さんたちはそれぞれ工夫をして暑さ対策をしていますが 汗のかき方や水分保持能力には個人差がありますので 自分に合った方法かどうかを見極めることも必要なんです。 施術をして身体に触れていると水分が十分かどうかわかります。 そんな時は「お腹にお灸」をして吸収率を高めながら、 患者さんが受け入れられる効果的な方法を会話の中で見つけていきます。 まずは自分のカラダを知ることから皆さんもはじめてみてくださいね!  ...